12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-02-08 (Wed)
先月、姉に誘われて知人が出ているというお芝居を観てきました


観劇は学校とかではあるんだけど

この歳でちゃんとした?(変な表現)お芝居は初観劇☆

ちょっとドキドキでした(*^m^*)


momobiyori

シアタートラムにて

乱歩の恋文

momobiyori

【あらすじ】― 公式サイトより ―

失踪した乱歩をめぐる幻想追跡奇譚
夢の奥にこそ、目を凝らせ。
昭和9年1月。江戸川乱歩はかつてない苦境に陥っていた。
雑誌「新青年」に連載開始したばかりの『悪霊』が、
連載半ばにして一行も書けなくなってしまったのだ。
絶望した乱歩は行き先も告げず姿をくらます。
乱歩の妻 隆子は、行方を追って、乱歩がかつて愛した浅草を訪れる。
そこで待っていたのは、傀儡師と生き人形たち。
人形たちは演じ始める。それは、乱歩と隆子自身の物語だった……。
「うつし世はゆめ、夜のゆめこそまこと」
ならば、夢の奥にこそ目を凝らせ。隆子は、夢の闇を抜け、乱歩に辿りつけるか?
「江戸川乱歩」という虚名が一世風靡する影で、地を這うようにもがき続けた平井太郎。
小さな離島で生まれ育った、太郎と正反対の性格の妻 隆子。二人の心の軌跡を描きだす。


全体的に脚本は面白く、衣装もセットや小道具も凝っていて観ていて楽しかったです

ただね、時々ちょっと引っ張りすぎかな~?な場面があって早送りしたくなりました(>_<)


お芝居を楽しんだ後は

ももさんもいないことだし~♪

momobiyori
赤みのない食事だな(^^;

いつもは入れない居酒屋さんで夜ご飯♪

久しぶりだ――――☆



帰宅するとやはりというか、

1日ももさんの面倒を見ていた主人は疲労困憊(^^;

ももさんからはおいて行った怒りの犬パンチをくらいました


その後、、、ももさんは拗ねて寝ちゃった(T▽T)

momobiyori

ももさんごめんね~

でもたまにはお父さんとお留守番しててね

スポンサーサイト
| チロモモの日記 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。